キャッシュレスはどのくらい進んでいるの?

何ヵ国か海外旅行に行ったことはあるけれど、旅行の際には必ず現地のお金も持って行った。

カードが使えても少しは現金がないと不安な気持ちになってしまう。

結局コンビニとかでは現金を使ったり、なんだかんだで使って紙幣や硬貨の使い方にも慣れて帰国することが多かった気がする。

スウェーデンはキャッシュレス化が日本より進んでいることは知っていた。

けれど、やっぱり現金は用意した。いつもよりは少額。

現在、スウェーデンに来て1年。

現金を使ったことがない。

紙幣や硬貨もどれがいくらなのかも知らない。

コンビニでペットボトル1本買うにもカード。現金で支払っている人も見ない。

日本ではカードで支払うとサインすることがほとんど。

スウェーデンではサインでの支払いはしない。

暗証番号入力の会計だ。※少額の場合は不要

これに慣れてしまうと本当にスムーズで楽。

現金のほうが時間がかかる。

Q.今まで生活してきて現金がなくて困ったことは?

町に行列のできるケバブ屋さんの会計が現金のみだった。

なぜそこはカード決済を取り入れることができなかったのか逆に不思議になる。

(審査の通らないヤバイ店なのか。w)

有料トイレがたまにあり、コインが必要な場合がある。

有料トイレもほとんどはカードをシャリン♪とかざして決済。

というくらい普通に生活していて現金を必要とすることがまずない。

そしてカード決済がない場合(イベントの屋台等)取り入れているのがアプリ決済だ。

今まで出会ったのは「Swish」のみ。

「カード決済」取り入れてなければ「Swish」

スウェーデンの決済はいたってコンパクト。

日本も最近はアプリ決済が導入されているが、複数存在しすぎている。

企業側はメリットがあるが、使う側はスマートではない。

簡単な決済にしたいのにアプリを探す手間。矛盾してる気がしないでもない。

「ポイントカードお持ちですか?」このセリフも聞かない。

スーパー等ではポイントカードが存在はしている。

聞かれることもないから存在していることを知ったのも大分経ってからだった。

ポイントカード文化もない。

日本で使ってた分厚い財布。

今は必要なくて、数枚のカードが入る薄っぺらいカードケースが今の私の財布。

財布がコンパクトなだけでこんなにストレスが無くなるとは驚き。

スウェーデンは決済に限らず、無駄がない。

逆に言えば、無さ過ぎて不便を感じることもある。

日本を知ってしまっているとね。

知らなければ事足りるのだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました