コロナ禍、美容院どうしてる?

コロナの感染が広がる中、美容院はどうしていますか?

ためらうけど、行かないとどうしようもないから行っているって方が多いのかな。

まずはスウェーデンの美容院はどうなのか。

日本では男女関係なくどこの美容院でも行けるかと思いますが、スウェーデンの美容院を見ると、女性と男性がいくお店は割とはっきり分かれている気がします。

男性は理髪店。

私よりも頻繁に美容院に行く旦那。

さて、スウェーデンではどうするか。

知人が町でおすすめの美容院に行っていた。

角刈りになって帰ってきた。。。

切ってもらっている人をみると、大体みな同じ髪型。

激しめのツーブロックが定番。

下半分はバリカンでガッツリ剃り、上半分は少し残す。

これがお決まり。

店員さんは濃い顔立ちでピチピチのTシャツに髭生やしがち。(偏見)

旦那は「行ったら変なところ触られそう。」と心配する。

もちろんそんなことはまったくないだろう。

日本の美容師レベルは世界的に見ても高いと思う。

というのも、スウェーデンでは日本のように国家資格も無く、誰でも美容院を開業することが出来る。

(これ、結構怖い。)

なので、人によって技術に大きなムラがある。

そして、髪をすくという概念もないらしく、バッサリ切るだけ。

旦那は完全に行く気が失せている。

ここで私が提案したことが、

「私が切ろうか?」

そう、これがきっかけで、我が家は互いの髪を切り合うようになった。

コロナがきっかけではないじゃんね。

正直、今まで娘の髪しか切ったことがない。それもまだ2回しか。

ましてや男性の髪なんてどうしたらいいのかさっぱりわからない。

とりあえず、理想の髪型のYouTube動画を何回も見て切り方を研究した。

娘が寝静まった後、夜な夜な旦那の髪を切り始める。

ハサミは娘の髪を切るときのハサミしかない。

小さいけどこれでいいや。

美容院で髪を止めるときに使うヘアクリップはIKEAや無印で売ってる袋止めクリップで代用。

髪を分けるのこれ結構重要。

髪のボリュームを抑えたいから、緩めのツーブロックが理想。

下半分を短くカット。

バリカンはない。

これが一番難しい。

でも多少失敗しても上半分の髪を下ろせばほとんど見えないから大丈夫。

約1時間半ほどで終了。

案外うまくいった。

1回目よりも2回目とだんだん上達していく。

言っておくが、私は手先が器用なわけではまったくない。

せっかちで雑な凡人。

折り紙だって綺麗に折れない人間さ。

切ってみて思ったのが、女性の髪型よりも男性の髪型のほうがボロが出なくてごまかしがきくってこと。

短いから失敗したら目立つと思ってた。

下手でもある程度の完成度になることを知った。

もちろん、プロが見たら突っ込みどころ満載だろう。

子育てや仕事でいっぱいいっぱいで夫婦の時間なかなか取れなかったけれど、この時間結構悪くない。

なのでおすすめしたい。

コロナでなかなか行きづらい今だけ、パートナーの髪を切ってみる。

美容院に行くお金も結構かかる。

微々たる食費を節約するなら、旦那の美容院代を削るほうが手っ取り早い。

今ならコロナだからって理由があるからね。

結構楽しい時間も過ごせるし、いいことだらけ。

失敗したら次の日プロにまかせたらいい。

見た目にこだわりの強い旦那も満足のご様子。

自分でも褒めて上げたい仕上がりだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました